スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革命と縮小化

レボリューションとゲームボーイミクロ(仮)


でな訳で、E3で発表された任天堂の次世代機。どちらもとにかく小さく、軽いことにこだわったっぽいですね。好印象。ちゃんとGCとも互換性があり、別売りのアタッチメントでDVD再生機能も追加できる模様。
個人的には、ファミコンなどの旧世代ハードのゲームがネットでダウンロードできるってのが非常にポイントが高くて魅力的。


さてさて、これでPS3・Xbox360と3社各様の新機種が出揃いまして、次世代機三国志いざ開戦っという所ですかなぁ。
……や、私の周りでは駄目箱視界に入れてない人が大多数なんですけどね。

やっぱり呼称から変えた方がいいんじゃないかなぁ、”360”って、なんかぐるっと回って”ふりだしに戻る”って感じがしませんかね? どうにも嫌な感じの空気が漂うんですよ、「ああ、ヤツらまたメリケンらしく大味なブツを」みたいな。いっそ180とかにするといいよ、180度方向転換って事で。……ああ、もう不思議だなぁ、なんでこんな駄目駄目オーラ漂うんだろう、凄くて良い機能たくさんついてるのに。オンラインゲームのボイスチャットなんて、本当に便利だなーっと思うのに。これが駄目箱マジックかっ。


とりあえず、GCの新作ゼルダが楽しみだなーって事で(次世代機まるで関係ない)。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。