スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今やってるゲーム

有罪×無罪有罪×無罪
(2009/05/21)
Nintendo DS

商品詳細を見る

■有罪×無罪
ぱっと見、すごく地味です。リアル志向なのでキャラクターも進行も真面目で地味めな感じで、雰囲気も硬かったり重かったりします。最後は被告人の量刑まで考えないといけません(ペナルティは無いんですが)。
しかし全体的に地味な印象の強いこのゲームを、ついついのめりこんでプレイしちゃってる私。
裁判員達が証拠と証言を照らし合わせつつ話し合いを進めていくと、じわりじわりと真相の輪郭が見えてくる。そんな地道な作業が慣れてくると面白く、最初は下手したらモブ並の存在感だと思っていた裁判長たちや、フツーのおっちゃんおばちゃんな裁判員仲間たちが、事件を解決する頃には妙な愛着がわいて別れがたく感じたり。
逆転裁判の様な派手さや爽快感は無いんですが、がっちり地に足がついた作りの堅実なADVだと思います。地味にオススメ。

公式に体験版もありますので、雰囲気をつかみたかったらどうぞ~
裁判員推理ゲーム「有罪×無罪」オフィシャルサイト



スローンとマクヘールの謎の物語スローンとマクヘールの謎の物語
(2009/05/21)
Nintendo DS

商品詳細を見る

■スローンとマクヘールの謎の物語
すごく…レイトンです。雰囲気とか。

ぱっと見不思議な状況に見えるお話の真相を探る、という内容なんですが質問を繰り返せばすぐに判るので攻略とかは必要ナシ。推理ゲームというよりは、文章タイプのアハ体験。真相に至るまでの過程を楽しむべき。
質問数の制限もペナルティも無いので、さっさと答えちゃうか、アホな質問しまくって「そんなわけがありません」とか言われたり、いい加減答え出せ言われるまで質問しまくるのもプレイヤーのお好み次第。
時間の合間にちょこっとプレイするのに適した、携帯ゲームらしいゲームなんじゃないでしょうか。
あと劇場の人の声が好き。

「謎の物語」公式サイト


…DSばっかりだなぁ!
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。