CLIP STUDIO習作2

イラストブログの方にも上げましたが、CLIP STUDIO PAINT PROでカラー絵。
クリスタで店員M
「習うより慣れろ」の精神で試行錯誤を繰り返した結果、ある程度は思い通りの彩色ができる様になりました。
…最終的な微調整がフォトショ頼み、全工程クリスタとはいかなかったので「ある程度」止まりです。
負け犬乙。
クリスタ水彩
同一レイヤーで重ね塗りするとアナログっぽい色の混ざり方をするので、そういう効果を狙わない場合はひたすらレイヤーを重ねて色を置いてった方がラクに調整できるかと。
CLIPSTUDIO製作過程
水彩とにじみ系ツールが超便利。
色補正レイヤーが以下のレイヤー全部に影響するってのはしばらく気がつかなかったけどね!
クリスタ水彩(加工
上の画像に柄素材・コットンを[加算・発光]で乗せてテクスチャ素材っぽく加工してみたり。
こういうの作りやすくなったなー


てなカンジで色々触ってみましたが、個人的にはとても良いカンジです「CLIP STUDIO」。
特にペンツールの描き心地が素晴らしく、今までカラーイラストはコミスタで下書き→線画+色分けしてからフォトショで彩色仕上げをしていたんですが、これからはクリスタ1本で完成まで持っていけるんじゃないかと思うくらいです。

実際、最近のちょっとした落書きはほとんどCLIP STUDIOを使うようになってますし。
自分の環境だと動作がコミスタやフォトショよりも軽いので、描きやすいんですよね。
(仕上げはフォトショとか使っちゃいますけど)。

しかし漫画を描くツールとしては、やはりそれに特化したコミックスタジオに軍配が上がります。

部分的にはコミスタよりイイトコもあるんですけど、総合的に見るとやっぱり微妙に使いづらくて「色々惜しい!」ってなるんですよね、クリスタ…

というワケで秋に出るというEXに期待!
はよ作品ファイル作らせてくださいお願いします…
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する