ネタめも

覚書。

藤本くるとの親友・志井えみる。

彼女を誕生させたきっかけは、くるとのモデルになったふじもと(弟)。

彼のハンドルネーム「Cult」の由来はアイルランドの妖精猫ケット・シー(Cait Sith)からきており、ネットゲームで複数キャラを作成する場合は「クルト」と「シィ」という名前のキャラをセットでこしらえていたので
「こりゃーくるとさんにも相方つくらねば」
という使命感に駆られた結果、「くるとの友人」として生み出されたのが彼女でした。

突っ込み属性持ちのくるとの相方なので、自然とボケキャラに。
外見もくるととのバランスありきで(短髪/ロング)(白っぽい/トーン髪)(無表情/ニコニコ)と、概ね対照的にしています。

太郎のことを「カッコイイ」と評してくるとに「どこが!?」と驚かれる、というネタはキャラメイク当初からやってました。
(その頃のくるとさんは今ほどブラコン拗らせてなかった…と過去ログを見返して新鮮な気持ちに)
(今のくるとさんなら「ええ!?……ちなみに、どの辺りが?」と確認しそう)

えみるは男親が居ないのでふんわりとした憧れがあるというか、大人の男性という存在がファンタジーで
クラスメイトにからかわれたりした後に偶然出会った太郎に何かうまいこと対応されて一気に懐いた
そんな背景。

彼女にとっての「オトナの男性」は太郎が基準だというから大変危なっかしい。
そりゃくるとも心配しますわー

とはいえこれからも彼女はマイペースに癒しオーラを放ちながら
「くーちゃーん」
「お兄さーん」
とほわほわ接触してくるのでしょう。

頑張れ相方。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する