スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動着色で遊んでみた

chainerで線画着色をwebサービスにして公開してみた http://qiita.com/taizan/items/7119e16064cc11500f32


面白そうだな、と思って軽率に線画を用意し、丸投げでおまかせしてみたところ……
2017_ironuri.jpg 
数分で出力されてきたのがコレですよ。
すごいな!?と度肝を抜かされたわけです。かがくのちからってすげー!

他の方の結果画像を見ていると、原画でベタになっている部分も適当に線画抽出して彩色してくださる模様。スゴイ。


この辺はこの色味にしてね、という指示を出すとこんなカンジ。
2017_ironuri2.jpg
なかなか不思議な色合いに。
色の混ざり具合をコントロールするには、ちょいとしたコツが必要みたいです。

あと、あんまり線がキレイにつながってない、ラフすぎる線画だと上手く動作しません。


面白くてついつい何度も挑戦したくなるんですが、現在アクセスが集中しているらしく、あまりの負荷に作成者様が悲鳴をあげているようなので ぐっと我慢。ぐぬぬ。


プログラム知識があればローカル環境でこのツールを再現することも可能らしいのですが……いかんせん、そちら方面の知識は皆無。ぐむむ。


とりあえず、この線画、せっかくなので自力で塗っておきます……

※追記→塗りました
※追記その2→おまけ漫画描きました


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。